診察に関するお知らせ

<診察担当医のご変更>

・日曜 副院長 福山雄一先生

・9月〜 木曜 磯前貴子先生

→R1/12/26(木)は院長

・R2/1/20(月)〜毎週月曜午前のみ 磯前貴子先生

→月曜が祝日の場合は終日院長です

​・R2/1/13(月・祝)池田佳介先生

<診療時間のご変更>

特にありません。

<休診のお知らせ>

​特にありません。

​※近視抑制(ナイトレンズ、マイオピン、サプリメント)にご興味ある方は院長外来日にお越し下さい。

中学生・小学生は、保護者の方とご来院ください。

・院内処方です。通常会計時に薬をお渡しできます。

 診療時間    月 火 水 木 金 土 日

10:00 ~ 12:30   ◯ ◯ 休 ◯ ◯ ◯ ◯ 

14:30 ~ 18:30   ◯ ◯ 休 ◯ ◯

14:30 ~ 18:00              ◯

  

 初コンタクトレンズ・散瞳検査・眼鏡処方

 ご希望の方は、終了30分前までに受付を

 お願いしております。

 40歳以上の方は当日眼鏡処方できない場合が

​ ございます。

 朝ビバホーム2階シャッターが閉まっている場合

 でも、警備員にお声がけ頂ければクリニック前まで

 入ることが可能です。

​マイオピン

  

​低濃度アトロピン点眼液について 

 

アトロピン硫酸塩は、屈折状態の把握のためや、ブドウ膜炎の治療する目的で使用されるお薬です。

数々の調査の結果、アトロピン1%は近視の進行を遅らせることが発見されており、アトロピン点眼液を投与された学童の群は、投与無しの学童の群に比べて近視が進行しなかったことが確認されています。

しかしながら、アトロピン 1%は下記のような副作用をもたらします。

  1. 瞳孔が開き続けることによるまぶしさと強い光による不快感や目の痛み

  2. 遠近調節機能(手元を見る作業)が低下し、近くの物がぼやけて見え、読み書き等の近くを見る必要がある作業が困難になる

  3. アレルギー性結膜炎及び皮膚

シンガポール国立眼科センター(Singapore National Eye Centre)及びシンガポール眼科研究所(Singapore Eye Research Institute)で実施された臨床試験によりますと、低濃度のアトロピン(0.01%)は 2 年間に亘り近視の進行を 50~60%遅らせ、副作用は非常に軽微であることが証明されています。

  • 近視の進行を平均60%軽減させると言われています。

  • まぶしさに殆ど影響を与えません。

  • 目の遠近調節機能(手元をみる作業)に殆ど影響を与えません。

  • 寝る前に両目に毎日1滴ずつ点眼します。

  • 各容器(1本・5ml)は両目用に1か月分の使い切りになっております。

  • 本製品はGMP(医薬品製造管理および品質管理基準:Good Manufacturing Practice)準拠の工場で製造されています。

マイオピン処方は自費診療となります。

 検査・処方料 2000円

  初回・1ヶ月後・3ヶ月毎

 マイオピン1本 3000円

  両眼1ヶ月分

保険診療で「近視」を確認させていただいてから、後日処方と成りますので、保険証や医療券をお持ちください。