診療内容

小児眼科

 三つの重要なことがあります。

 

 一つは先天性眼疾患の発見です。

眼科でも多くの先天疾患があります。

小児科検診の時、もしくはご両親が見つけることも多いです。

治療となると、クリニックでは手に負えないことが多いので、専門病院をご紹介いたします。

 

 もう一つは、弱視です。

生まれたばかりの赤ん坊は、あまりよく見えてませんが、徐々に視力が上がってきます。

3〜4歳にかけて、視力が1.0となります。

しかし、遠視や乱視により、視力の発達が悪いと、

将来眼鏡やコンタクトレンズをしても、視力がでなくなります。

これが弱視です。

本人には、視力が悪い自覚がありません

さらに片目だけが弱視の場合は、まず気づきません。

3歳児検診に簡易な視力検査がありますが、異常があるのに、発見されない場合があります。

小学校の検診で発見される前に、治療スタートした方が効果的なので、

 3〜4歳時に、一度は眼科で視力をチェックすることをおすすめします。

 

 最後の一つは、近視ですね。

これは近視予防の項目でお話しします。